スポーツに語学に家族想いの完璧超人!?イケメン福士蒼汰のイケメンによるイケメンのための逸話

2018-04-24

180cmを越える長身、涼しげな目元、時折みせる子供っぽい笑顔…

日本のイケメン福士蒼汰さんです。ドラマや映画に引っ張りだこで、まさに少女漫画に出てきそうな王子様です。

巷では性格も良いし、語学もできるとのことから完璧なイケメンと叫ばれていますね。

今回はそんな彼が本当にパーフェクトなイケメンなのか検証していきたいと思います。

プロフィール

名前 福士蒼汰

※本名は福士翔大(しょうた)

生年月日 1993530

身長 183cm

事務所 研音

代表作 「仮面ライダーフォーゼ」「あまちゃん」「弱くても勝てます」「図書館戦争」等多数

仮面ライダーフォーゼ観てましたよ!その時はリーゼントであまり似合ってないなあと思ってたんですが汗

今や日本を代表する俳優さんになってしまいましたね。うん、凄い。

名前が蒼汰なのは、当時同じ事務所に松田翔太さんがいらっしゃって、混同を避けるためという理由があったそうです。

家族想い

福士さんには父、母、4歳と5歳年の離れた姉が2人います。末っ子でワガママに育ってきたかと思いきや、反抗期がまったくなかったそうです。

情熱大陸では、家族の話になると涙ぐみ、家族のために何かを返したいと日々悩んでいるという話をしていました。

2人のお姉さんとも仲が良く、昔から大げんかしてもすぐに仲直りしていたり、ロングスカートをはかされたり女装みたいなこともさせられたそうです。

一度姉に手をあげて鼻血を出させてしまい、父親から女性には手を上げるなと怒られたそう。

家族は福士さんの作品をチェックしてはいるが、ダメ出しをしたりせず良い部分を褒めていくとのこと。

家族がちゃんと褒めて伸ばしているから、今日の彼があるのかもしれません。

なんて良い家族なのでしょう…福士さんの家では一年中ビフォーアフターの匠の音楽が流れていそう…

スポーツ万能

中学の時はバスケ部で活躍し、高校の時はダブルダッチ部に所属。バク転が得意で運動神経バツグン。

また、V6の岡田准一さんに憧れているということもあって、最近は、ジークンドー、カリ、USA修斗などの格闘技にも精力的に取り組んでいるそう。

スポーツもできて格闘技まで…イケメンで強いっていうのは生物的にかなり最上位です。

V6岡田准一の性格がストイックすぎる!?生い立ちや最近の趣味エピソード!

語学堪能

特技は英会話で英検2級を取得しておられます。ローマ国際映画祭では、イタリア語と英語のスピーチも披露されたそうです。

勉強方法はひたすら英単語の暗記だそうでストイックさがこんなところにまでも現れています。

インドア派

学生時代はスポーツなどで活動的だったのですが、今はインドア派になったようで、休日はひたすらDVD鑑賞と睡眠だとか。

これはしょうがないですよね。彼は超多忙な人だし、日本が彼を休ませないですからね。

でも大人になって休日に妙に活発的なのもね…こういう落ち着きも彼の魅力です。

初恋

小学生の中高年から高学年の時に初恋があったそうで、「足が速く、男子と壁がなく話せる子でモテる子」だったといいます。

バレンタイデーでその子からチョコを貰ったそうなんですが、福士さんの友達ももらっており、その友達とホワイトデーのお返しを買いに行ったそう。その女の子からは「友達と同じのだったよね」と。

甘酸っぱい…甘い…酸っぱい…笑

恋愛観

福士さんは「私、やってます」アピールが強い人が嫌いだそうで、自分を過剰に見せる人が苦手らしいです。

相手のことをきちんと思いやれて、心を大事にする女性がタイプだそうです。

福士さんが真面目で誠実な方だから、同じようなタイプの方が好きなんでしょうか。

それにしてもなんという模範解答…メモしておこ(笑)

曇天に笑うにて

「曇天に笑う」にて、怪我をされていたそうなんですが福士さんは痛いとも言わず、黙々と撮影をこなしたそうです。

また、共演者さんとエレベーターに乗ったときに、共演者の方を先に降りるように譲られたそうで、小さい気配りもできる紳士的な一面も見せたとのこと。

我慢強くて、紳士なんですね。男らしいです。男オブ男です。何も言えません…

まとめ

福士さんは色んな面でパーフェクト!…でした(笑)

これから彼は日本を背負っていく俳優さんになっていくことでしょう…

期待しております。