歌手宇多田ヒカルは落とし物マニア!?不思議で意外なプライベートと息子への想い

2020-01-05

15歳で鮮烈なデビューを飾ってから、今や歴史に名を残す程の歌手になられた宇多田ヒカルさん。

そんな彼女がマツコの知らない世界に出演されていたのでエピソードなどをまとめてみました。

プロフィール

名前 宇多田 ヒカル(うただ ひかる)
本名 宇多田 光

生年月日 1983年1月19日

出身 ニューヨーク

身長 158.9cm

体重 ?kg

血液型 A型

事務所 U3MUSIC

レーベル エピックレコードジャパン

チャンネル

宇多田が子供の時、テレビのチャンネルは母親の藤圭子が決めていた。

その影響で宇多田は時代劇が好き。

藤圭子は白黒はっきりしたものが好きだったという。

宇多田さん時代劇見てるんだ、意外すぎる笑

確かにスカッとはするけど笑

様子がおかしい

宇多田は自分が出演したテレビを見返して、そういう場では自分は様子がおかしい感じに見えるなと、客観的に見て思っている。

全然変じゃないけど、テレビ慣れしてないからじゃないかな?

普通に落ち着いて綺麗な人に見える。

落とし物

宇多田は9年前から落とし物のことが気になっている。

歌詞を考えたり書き物をする時などはよく歩いているので落とし物をよく発見するといい、気がついたらtwitterやInstagramに道で見つけた物の画像ばかり上げている。

宇多田さんのインスタは芸能人っぽさが全くない笑

きっと日常を楽しむ人なんだ。

SNS

宇多田はSNSにセルフィーや共演者との写真など、自分の写真を載せるのが嫌い。

なので海外のミュージシャンにSNSのアカウントを教えても、これは本当にヒカルのなのかい…?と言われる。

そういえば全然自分の写真ないな。

綺麗なのにちょっともったいないなあとは思う^^;

恥ずかしい

カラオケなどに行った時、ノリで誰かが「Automatic」を入れると、15歳の時の自分のPVが流れたりするのでそれを恥ずかしいと思っている。

そんな顔変わってないけど、まあ恥ずかしいでしょうな汗

でもこれからもずっと永遠に残っていくという…(T‐T)笑

立たなかった理由

「Automatic」のPVで宇多田は決して立たなかったが、宇多田の記憶では、セットの幅があまり作られていなかったからだという。

宇多田が立ってしまうとカメラを引いた時に横が見切れてしまうので、ああいう映像になった。

宇多田はずっと座ってるのもアレだと思ったので、途中で中腰になったり動きを付け加えた。

アーティスティックな理由ではなく物理的な問題w

あれは足腰疲れるだろうなあ笑

初落とし物

2010年東京にて、初めて写真を撮った落とし物は、大人のDVDだった。

その時は麹町に住んでいて、日比谷公園前で発見したという。(ペニンシュラの近く)

最初は裏のキラキラした面が上を向いていて、見てみたい!という衝動を抑えきれずに拾ってしまった。

その様子を警察官がものすごく凝視していたらしい。

初めてからとんでもないものを発見している笑

怪しまれてるしw

撮影する条件

面白いなって思うものや、かわいそうだなと思う落し物は写真を撮っている。

軍手などよくあるものはスルーしている。

宇多田は「えっ?」「なんでこんなのが?」という落とし物が好き。

まあなんでもかんでも撮ってたら疲れますしね^^;

ある意味ちょっとコレクター気質があるな。

落とし物に惹かれる理由

「本来あるべき場所ではない場所に置いていかれてしまったものに共感するから」

過去の落し物の写真を見返してみると、申し訳なさそうなものや所在なさげなものが多かった。

宇多田は「本来辿るはずだった運命からこぼれ落ちてしまった、予期せぬ出来事も甘受せざるを得ない、ただ置いていかれてしまった、誰にも目もくれられずにいるものが好きなのかな?」と思っている。

そんな哲学的な理由があるんだw

やはり宇多田さんクラスになると思索も凄いなあ汗

場所

宇多田は今だにコンサートをしても、「なんでこんなにたくさんの人が私を見ているんだろう?」「ここは何?私は何なんだろう?」と感じてしまう。

宇多田さんはこんなに人気が出るとは思っておらず、本来自分が辿るべきだった運命とは違うと思っているのでしょうか。

そう感じているから落とし物に共感するんでしょうね。

外国の落とし物

・壁際のケチャップ…誰かがそこに置いたのは分かっていたので、その状況も込みで「物憂げなケチャップの袋」として写真を撮った


引用元:Instagram

・道端に置かれたピザ…箱に召し上がれ!と書いてあるが物凄く食べたくない状態だったので笑ってしまった(ロンドン)


引用元:Instagram

・じゃがいも、ホイール、ドア…ロンドンにはゴミが多く、結構衝撃的なものが落ちているという


引用元:Instagram

・シール…ニューヨークの地下鉄で手すりにくっついていたものを発見した。そこにはPRAY(祈り)と書いてあり、宇多田は見て良かったと感じた


引用元:Instagram

・天使の羽…ハロウィンの夜、ロンドンのちっちゃいコンサート会場で発見。宇多田はその前に息子のクラスの子達とママのハロウィンパーティーにコウモリの格好で出ていた


引用元:Instagram

・隙間に挟まった人形…パリの路上で発見。誰かが見つけやすいように挟んだのではと思っている。パリにはぬいぐるみがよく落ちていて、2012年にはくまのぬいぐるみも見つけた


引用元:Instagram

・脱ぎ捨てられたズボン…歩きながら脱ぎ捨てたようなドラマチックな感じ(ロンドン)


引用元:Instagram

どれもこれも前衛芸術のような素晴らしい作品ばかりですね笑

全部ストーリーがありそうで想像力をかき立てられる笑

好奇心

宇多田は「あれなんだろう?」という好奇心を見過ごすことができないので落し物の写真を撮っている。

周りがスルーしているもの、気づいていないものに気づいた喜びがあるという。

また、落とし物を見て、落とした人のことを想像して楽しんでいる。

ちょっと暗い系の趣味だけど気持ちはわかるw

宝探し的な楽しみ。

ロンドン在住

日本では有名な人が普通に生活することをあまり許してくれないので、現在ロンドンに住んでいる宇多田はそのことを大変だろうなあと思っている。

宇多田も昔スーパーで写真を撮られたことがあり、その時「誰だってこんな買い物するじゃん…」と落ち込んでいた。

日本はギスギスしてますもんね~汗

宇多田さんレベルの超有名人は海外に住んだ方がいいです。

子供

宇多田曰く、子供は凄く自分の血を引いているという。

子供を見ていて遺伝子はすごいなと感じている。

女の子だとガーリーな服を選んだり大変そうなので、気楽な男の子で良かったと思っている。

現在息子さんは4歳らしいですが、音楽の才能凄いだろうな絶対笑

母藤圭子からは「ヒカルはいい声だからいい声だから」アーティストになることを猛プッシュされていた。

宇多田がデビューする何年も前、藤圭子が徹子の部屋に出た時、藤圭子は娘がすごいの!宇多田の12歳の時の音源を流したりしていた。

親バカっぽいですがマジで天才だからな~この人笑

すさまじい才能を受け継いじゃった彼女。

恋はしてるの?と聞かれ

「恋は別にしていいんじゃないですか?」

最近は恋はあまりしなくなったというが、凄くいいものだと思っていて、してはいたい。

ただ、巻き込まれていく感じの、気が付いたらしているみたいな恋愛は卒業しなきゃなと、自分のことを大人になったなと思っている。

若い時はそういう恋愛ばかりしてたんだな…^^;

今は落ち着いているみたいで、いいことです笑

写真

昔、体調を崩して寝ている人のことを愛おしく感じて、写真を撮って怒られたことがある。

そういう優しさがあるから落とし物などにもはまるのでしょう笑

でも写真は撮ったらダメw

一番好き

一つシリーズ化していて、一番テンションが上がる落とし物は「絆創膏」。

7年間で10枚くらい撮影した。

ほとんどロンドンとフランスで、大体地面に貼ってある。

最初に見た時地面がケガをしているみたいですごく愛しい…と思ってしまった。

中には3ヶ月同じ場所にあった絆創膏も(2018/12/25~2019/3/27)


引用元:Instagram

絆創膏はすごいアーティスティックですよね笑

地球レベルの優しさも持っている宇多田さん。

子供には

当分はずっとロンドンにいるつもり。

宇多田は子供の頃、ニューヨークや東京など住む場所を変えることが多かったので、そういう大変な思いを子供にはさせたくないという。

子供には「元気に自分らしく普通に育ってほしい。」

その方がいいでしょうね。

宇多田さんの子供に対する想いが伝わってくるなぁ…涙

親だってただの人間じゃんという考えがあり、自分らしくいずに子供に全部自分のことを託してしまうと、子供が大人になった時に私の人生なんだったの?みたいになってしまうので、「私は私らしく生き続けてそれを見てもらえたらいいな。」と思っている。

素晴らしい芯の通った考え方。

お子さんは確実に幸せになるでしょうし、宇多田さんもこれからますますかっこいい女性になっていきそうだ^^

まとめ

宇多田さんもあれだけのアーティストだからやっぱり変人ですよね笑

もっと凄い落とし物、楽しみにしていますw