高校中退芸人達のエピソードまとめ!中退あるあるとその後の生活

2019-08-31

人生にはそれが早いか遅いか、いつかは挫折してしまうような時が来てしまうもの。

色々あって中学や高校の早期でつまづいちゃう人も多いですよね。

今回は、以前放送されたアメトークの高校中退芸人達のエピソードをまとめてみました。

セバスチャン 原田

ガソスタ

原田は中退してガソリンスタンドのJOMOで働いていて、中学時代の同級生ともJOMOの制服を着て会っていた。

しかしその服のMOの文字がいつもオイルなどで汚れて見えなかったので、陰で同級生から「中退のジョー」と呼ばれていた。

名前だけならめっちゃカッコイイ…(T‐T)

立て、立つんだJO!…MO…涙

孤立

クラスに馴染めなくて高1の9月に中退してしまった。

ずっとお笑いばかり見ていて品川庄司の大ファンで、携帯電話のメールアドレスをshinagawashoji@にしていたほど。

集団の中で馴染むっていうのも意外と難しいものです。

原田さんにとって品川庄司のお笑いは心のオアシスだったんだろうなあ。

ソノヘンノ女 とも

2足のわらじ

ともは現在芸人とキャバ嬢2つの仕事をどちらも全力で頑張っているという。

町田のキャバクラで働いている。

どちらも働く時間が不規則でキツそうだな…。

お綺麗な方だからできることですね。

対策

西成の高校に通っていて、高1の10月に退学。

当時はヤンチャな子が多かったので机と椅子が鉄パイプでくっついていて、投げられないようになっていた。

また窓ガラスもプラスチックのゴムになっていて割れないようになっていた。

トイレットペーパーも盗まれるので職員室にまで取りに行かないといけなかった。

※後日この西成のエピソードについて、テレビ朝日が差別的表現や事実と異なる内容があったとして謝罪しています

まあそういう所もあるんでしょう。

でも決して西成全体が怖い所だということではないです^^;

芸人中川家礼二のネタ探しは今でも大阪!変なオッサン達と父親!?さんまと西川きよしもヤバい

消滅

入学当初は9クラスあったが卒業時は5クラスになっていて、4クラスは消滅した。

皆子供を産んだり様々な事情で学校を辞めてしまったといい、ともも友達が辞めて楽しくなくなったので中退。

まあたまたま辞めていく方が多かったということで汗

道は1つではないですから、その100人ほどもそれぞれの道を歩いていることでしょう。

宮下草薙 草薙

制服

中退したのを近所に言っていなかったので、親から外出る時は制服着なさいと言われていてずっと制服姿だった。

日本はムラ社会なので、隠さないと…涙

周囲に波風を立てたくありませんもんね涙

2日だけ

高校は入学式と身体測定の2回だけ行って辞めた。

身体測定で、顔の割に胸板厚いなと周りにイジられ、その後のいじめを想像してしまい行かなくなってしまった。

人間が最後に行くような高校に通っていたという。

草薙さんは繊細な方。

確かにあの感じではいじられキャラからイジメに発展していたかもしれないから、しょうがないのかも(T‐T)

14歳

千原ジュニアの「14歳」という本を読んでめちゃくちゃ感動した。

しかしジュニアが部屋に鍵をかけるシーンがあり、鍵の番号を6210にして当て字で無人島にし「俺は1人や…」と呟くシーンで「何言ってんだろうなこの人?」爆笑してしまった。

カッコイイシーンだけど、笑っちゃうのも分かるw

数字なんてこだわらず適当に決めればいいのにとは思う^^;

EXIT 兼近

苦労人

高1の5月に中退。

家が貧乏だったので中学生の時から新聞配達をしていて、高校は定時制に通っていた。

新聞配達をしながら建築の仕事も始め、その後に高校という生活だった。

妹の学費を稼ぐために頑張っていたという。

苦学生すぎて泣けてくる…(号泣)

かねちーイケメンだから、普通の家庭だったら超リア充な青春を謳歌出来たのに涙

実家が貧乏な芸人達のエピソード集!悲しすぎて笑えない家庭事情…

イタズラ

ある時、学校の全部のトイレの鍵を内側から閉めるというイタズラをしていて、その最中に先生に見つかってしまい即停学になり、その後自主退学した。

うーん、なんでそんなことしちゃったんだろ汗

お金を稼がなきゃいけないから、別にいつ辞めてもいいや的な気持ちもあったのかもしれませんね。

千原ジュニア

一つの電話

中高一貫校に通っていたが、高校は1日も行っていなかった。

高校は単位制度だったのですぐ中退が決まってしまい、どうしようかな~と思っていたらせいじから電話で誘われてNSCに入った。

受験して割といい学校に行っていたみたいです、ジュニアさん。

ガチの引きこもりからすぐに芸人になるっていうのは、自分では多分無理だな~汗

芸人千原せいじの海外驚愕エピソード!アフリカ&動物達との伝説!霊!?おばちゃん!?

ノート

たまに中学に登校したら机の中にノートが入っていて、そこに物凄く可愛い字で授業の内容が書かれていた。

ジュニアがドキドキしながら後ろを見ると、黒板に千原係という係があった。

リアルいきものがかり…(T‐T)

昔やったことあるけど、他人のノートをまとめてあげるのって結構楽しいです笑

中卒で芸の世界に入り、この世界しかない!と思ったので先輩の舞台などを見まくり、今の実力になった。

高卒や大卒だったら今のレベルには到達できなかったかもしれないと思っている。

そういう切羽詰まった想いで芸を磨いてきたから今の地位があるんですね(T‐T)

ジャックナイフって言われてたもんなあ…

TKO 木下

永遠の夏休み

木下は高1の時に留年して、2回目の高1の9月くらいにこのまんま夏休みが続けばいいのに、とそのまま退学した。

ぼくのなつやすみというゲームの怖いバグを思い出した笑

夏休みが終わって欲しくない気持ち分かるなあ~(T‐T)

食品系

通っていた学校が食品系の高校で、入学時に木の長い棒を買わされた。

その棒はジャムを作るための棒で、先生が生徒のジャムをパンに付けて食べて、味をチェックされることもあった。

変な教科書買わされるよりは木の棒の方が実用性あるかもw

なんかこの高校いいな、皆甘い匂いを漂わせてそう笑

芸人TKO木下、木本の暗黒時代のエピソード!オススメ美容や俳優業などの裏話!

紺野ぶるま

未練

中退した後、高校への未練が凄くあったので普段からずっと高校の制服を着ていた。

草薙さんとは違い自主的に制服を着ていた紺野さん。

女の子にとって制服はほんとに大事なものですからね~。

egg

中退したのは高2の11月くらい。

その頃はegg全盛期で紺野は完全にギャルだった。

身長が172cmあり、ギャルでヒールを履き肌も焼いていたので「ピーターさん」と呼ばれていた。

ギャルすぎるし、マジでピーターさんw

今は肌が白くてタイプが180度違う^^;

素行不良

私立の女子高に通っていて、それまでの素行不良でイエローカードをもらい、あと1回何か起こしたら退学させられてしまう状態だった。

ある日遅刻した時に、その日は無理だと諦めておでんを食べながら登校していた。

すると校門の所にいた校長がお前また遅刻か!このアンポンタン!と言ってきたので、言い過ぎじゃない!?と思った紺野は校長をおでんの汁で囲い、「お前ここからもう出んなよ!」とそのまま登校した。

翌日親が呼び出され、お子さんは腐ったミカンです、と即退学になった。

これは退学させられるのも無理ない汗

校長をおでんの汁で魔法陣に封印するのは流石に絶対ダメw

品川庄司 品川

やんちゃ

当時ちょっと悪い学校に通っていて、ヤンチャして高1の5月に自主退学した。

地元ではロクなことをしないからという理由で新宿でと暮らしていた。

その辺の話を描いたのが「ドロップ」という作品。

品川さんは確か体が大きくなるのが早かったので、かなり悪かったんですよね。

確かに写真には一筋縄ではいかないような悪ガキ感が出ています。

坊主

品川は退学させられる時に坊主にしたら許してやると言われたという。

その時品川は、ふざけんな坊主にするくらいなら高校なんて辞めてやる!と言い返したが、現在定期的にアメトークで坊主にしているので全然いけたと後悔している。

今の謙虚さが昔にあれば…涙

品川さんの人生の大半は坊主。

中退あるある

理解不能

学校あるあるがピンとこない。

体育館の天井に挟まったバレーボールみたいなワードに世の中はウケたりしているが、全然理解できない。

ポカリを凍らして持って行って最初の方が濃い、みたいなのも分からない品川。

バレーボールはウケる笑

そういうのが分からないのは寂しいかもしれないけど、ある意味違った視点で物事を見れますから、とフォローしときます(T‐T)

協調性

団体生活をあまりしてこなかったので人と歩幅を合わすことができず、後輩とフリマに行った時ジュニアだけめちゃくちゃ歩くのが速かったという。

なにも知らなかったら自己中な人と思うかも^^;

単独行動しがちな人のあるあるでもあるな。

泊まり

修学旅行や泊まりの会を経験した数が少ないので、たまにある泊まりのロケがめちゃくちゃ楽しい。

ジュニアは宮川大輔、桂三度、三又又三と一緒に温泉に行った時、楽しすぎて知恵熱が出た。

いや学校行ってても泊まりは楽しいもんですよ笑

中退の芸人さんに優先的に泊まりの仕事を与えてあげて欲しい(T‐T)

濃い

中学時代の友達と飲んだりした時、他の人は高校、大学の思い出があるので中学の時の思い出が薄いが、中退した人は濃いので中学の思い出を即答できる。

原田は中学時代冴えない方だったが、今では思い出リーダー。

中退のジョーとかこれとか二つ名がいちいちかっこいいな原田さん^^;

思い出があやふやで薄いよりは良い!笑

定期

定期券への憧れがある。

品川は学生たちが定期で改札を通るのを見て、俺たち(中退した人)のいけない世界へのパスポート…と思ったりしてかっこいいなあと彼らを見ていた。

自分が入れないとこだからそう思っちゃいますよね。

中は大したことはないんですが…汗

学割

友達とカラオケに行った時、1人だけ学割が効かず料金が割高になるので、兼近は俺が全部出すよと同級生にお金あるアピールをしていた。

普通に悲しいなこれ涙

やっぱり自分は根本的な部分で皆と違うんだと思って病みそう。

文房具

芸人になってノートやペンを持ち歩くようになったが、文房具を持っているのがすごく嬉しい。

消しカスなどがカバンから出てくると、あの時の忘れ物がカバンから出てきた…、私の思い出は消しゴムでは消せない…みたいな感傷に浸ってしまう紺野。

受験勉強したら消しゴムとか見たくもなくなりますけどね…^^;

紺野さんの文房具ポエム…(T‐T)

絞る

人と同じペースで勉強しても間に合わないので、ジャンルを絞って深く勉強しがち。

紺野は魚編の漢字に絞って勉強したり、寿限無を覚えたりした。

張り合うために勉強してたんだな汗

でもそういう勉強は良くないかも、純粋に楽しんでやらないと。

コンプレックス

学がないのが凄くコンプレックス。

ジュニアは後輩の東大芸人に楽屋に来てもらい、小学5年生からの勉強を教えてもらったりしていた。

ジュニアさん勉強するのが楽しかったそうです。

大人から始める勉強ってなんか楽しいんですよね。

強制されないからかな。

図書館

図書館で試験の勉強をしている学生たちに混じって勉強していると、自分にも試験がやってくるかもという妄想をしてしまう。

試験がなかったら受けたくなるのかな^^;

あんなの胃が痛いだけですよ涙

褒め言葉

可愛いとか綺麗とかより、頭いいですねという言葉の方が嬉しい紺野。

裁判とかけまして○○○と説きます、どちらも判決想像して傍聴するでしょう。というネタを紺野がした時に、たまに笑いではなくおお~とびっくりされるが、それが気持ちよくてニヤニヤしてしまうという。

紺野さん綺麗とかよく言われるんでしょうね笑

紺野さんのネタ上手くて面白いけど、テレビではなかなかキツイものがありますw

コミュニケーション

社会の基礎的なものを学んでおらず、コミュニケーション能力が養われていないので思ったことをすぐに言ってしまう。

ともの先輩にパーティ内山という芸人がいて、飲みに行こうよと誘ってくれたが、手がかゆいので一刻も早く帰りたいですと言ってしまい、パーティ内山は激怒したという。

ともさんキャバ嬢できてるから普通にコミュ力あると思うけどな笑

パーティさんの器が小さいだけw

バレたくない

中退だとバレてしまうのが嫌。

話してる時に、こいつ中学までしか出てないんじゃないかと思われてしまわないかと不安になってしまう草薙。

その他にも、本屋では主に小説などを買いたいのだが店員さんにマンガにしとけと言われているように思ったり、病院でも中退ということがバレたらあんまりちゃんと診てくれないんではないかと不安になる。

出た草薙さんの不安症^^;

草薙さんにはぜひ自己肯定感を育んでもらいたい…涙

接し方

早くに高校を辞めているので女性との接し方、距離の詰め方がわからない。

なので兼近は少女漫画を読んで女性との接し方を学んだといい、今でも女性と待ち合わせをして相手が遅れてくると、キザな感じで「待ってる間もデートじゃん?」などと言ったりする。

かねちーイケメンだからこんな痛い発言も普通に似合いますけどねw

ただ残念なイケメンになるだけで笑

後悔

中退した時に紺野のが凄く傷ついてしまったようで、辞めた後に中退って全然かっこよくないなと思ったという。

中退するか悩んでいる人へ、「一回考え直してほしい。」

辞めてからではもう戻れませんからね…涙

彼らの切実なメッセージを聞いてください…。

中退後の生活

千原ジュニア

テレビ

部屋にこもって一日中テレビ鑑賞をしていた。

おはよう!ナイスデイ→火曜サスペンス劇場再放送→ニュース(地獄)→笑っていいとも!→ワイドショー→特捜最前線の再放送という流れでテレビを見ていた。

たまに学校を休んでいいともを見た時、テレホンショッキングで変な歌舞伎俳優が来てショック…という当時のあるあるが全く理解できなかった。

でもいいとものゲストのチョイスは謎だったなあ笑

そこまでテレビを見てたから芸人としての下地が出来ていたんだろうな。

芸人千原ジュニアは昔かなり凶暴だった!?岡村隆史との確執!嫁とのなれそめ&結婚

木下

評判

尾崎豊に憧れていたので、学校を辞めたのがかっこいいと思っていた。

なので自分の評判を見に行くために、自転車で辞めた学校まで行ってずっと学校を見ていた。

人が盛り上がっている所を見て俺のことかな?と思っていた。

女々しい、全然ロックじゃないな^^;

そのまま音楽とかやれば良かったのに。

はなわのいとこ慶くんの霊感が強くて尾崎豊が降りてきてる!?尾崎最期の真相!?

紺野ぶるま

成功者

辞めてしまった後悔が凄く、将来への焦りや不安から中卒で成功した人の本を読んだりして、それを夢見て寝るような生活をしていた。

学歴なくても成功はできますけど、本になるっていうことはめちゃくちゃ難しいこと、ということなんですけどね。

でも夢を見て努力した先にしか成功はありません。

○○狂

幼い頃から○○狂ばかりに会い、○○狂が出てくる時に分かるようになってしまった。

なので自分から捕まえに行こうと思い女友達を連れてコンビニの前で待ち、○○狂♪○○狂♪と手を叩いて待っていた。

すると横から○○狂が2人出てきて、その2人はバッティングしてどこかへ行ってしまったという。

凄いエピソードだな^^;

今の芸もその関係のことしてるし、紺野さんには昔から縁があったんでしょう笑

品川

生える

4畳半の部屋で兄と2人で住んでいた。

そこのトイレが壊れていて、扉を閉めてしまうと出られなくなってしまうトイレだった。

ある日の夏、パンツ一丁でトイレに入った品川は寝ぼけていてトイレを完全に閉めてしまった。

出られなくなったがしょうがないので大をしていたら、床が抜けて持っていたパイプも取れて体が水浸しになってしまった。

トイレには小さい小窓しかなかったので、もうここから出るしかない!と無理やり出たら、窓の鍵で体を切って血だらけになってしまい、びしょびしょで血だらけの男が壁から生えている感じになった。

結局大家さんに助けてもらった。

セルフダイ・ハードみたい笑

やんちゃして辞めてしまったからこれは自業自得ですね汗

兼近

ヒデキ

中退後は建設関係の職場でバイトをしていた。

ある日高校の外壁の工事をするために、足場を組んで高校生のいる所で働くことになった。

中を覗くとそこは体育館で、高校生がたくさん遊んでいた。

兼近は羨ましがりながらその光景を見ていたが、窓ガラスには腐った兼近が反射していて、なんでこんなことになってんだと切なくなっていた。

その窓にヒデキという全然仕事をしない歯のないオッサンの笑顔も反射していて、未来の俺が見てる!と思った兼近はこれはマズイと、家に帰ってすぐ歯を磨いた。

ヒデキ笑

歯は大事ですから、かねちー正解!w

明るく話してるけど本当に辛かっただろうなあ…。

草薙

捨てられる

親から、制服を着て外へ出ろ、でも近所には行くなと言われていたので、自転車で20分くらいの大きい公園へ行っていた。

そこでバッタを捕っていた。

そして、ある日父親が登山行こうと言い出したが、草薙は捨てられる…と思い怖がっていた。

バッタばかり捕るから、お父さん草薙さんが自然好きだと思ったのかな。

強制とかしないし、めちゃいいお父さんですね(T‐T)

バイト

警備員のバイトなどをしていたがあまり続かなかった。

当日休みたい時は、「今日はちょっといい絵描けそうなんで行けません。」とセンスがある奴と思われたかったので、そういう言い訳をしていた。

そりゃクビにされるわ汗

そういう場面で見栄を張る意味が分からないw

まとめ

高校中退の人の気持ちが良くわかりました(T‐T)

昔ならまだマシですが、今では高卒以上が当たり前ですし、やはりコンプレックスの塊になっちゃいますよね。

でもこの方達はそういうのを乗り越えて芸能界で成功されているから、中退してる人を勇気づける存在としてこれからも頑張って欲しいです!