【This is】ピース綾部祐二のニューヨーク生活が明らかに!!仕事は!?NYでの現在【New York】

2019-01-08

2017年10月にピース綾部さんがアメリカでレッドカーペットを歩きたいと言って渡米してしまいました。

それから1年ほどたちましたが、遂にそのNY生活が明らかになりました!

プロフィール

View this post on Instagram

Yuji Ayabeさん(@yujiayabe)がシェアした投稿

名前 綾部 祐二(あやべ ゆうじ)
コンビ名 ピース(相方 又吉直樹)

生年月日 1977年12月13日

出身 茨城県古河市

身長 167cm

体重 55kg

血液型 O型

若い頃は椅子工場とシダックスで働いていたので、芸人になるのが周りとは少し遅かったそうです。

椅子工場の人が、今ではNY…

出世したもんだなあ。

英語力

簡単な英語のやりとりはできるが、早めの英語はまだ理解できない。

まだ1年ちょっとですから、猛勉強してる人は英語をマスターできるかもしれないけど、まぁ綾部さんだししょうがないですね^^;

外国の人は基本早口なイメージがあるから、ほんと英語マスターへの道はかなり険しいです…。

個人的にツボに入った出川イングリッシュまとめ

CP

「僕もニューヨーカーなので、来た当初からずっとセントラルパークを走ってる。」

※東京では走ってなかったそう

デキるニューヨーカーはやっぱり走ってるんでしょうか。

日本で言えば皇居ランニングみたいなもんでしょ多分笑

テレビ

東京のテレビやニュースは全く見なくなり、たまに人づてに日本のことを聞くとびっくりするという。

最近ではひょっこりはんにびっくりした。

ひょっこりはんは綾部さんが渡米した3ヶ月後にブレイクしたそうです。

綾部さんはニューヨークに染まりすぎてしまいましたね。

染まるためにあえて日本の情報をシャットアウトしてるのかも笑

仕事

アメリカでも日米交流イベントのゲストやネット番組などの仕事がチョコチョコあるので最低限の収入はあるそう。

仕事がないイメージだったので良かったです汗

でも裕福って感じではなくて、本当に最低限の人並みの生活なんだろうなあ。

新たなビジネス

その小さな仕事のかたわら、新たな仕事を始めた綾部。

今売り出し中のコーベット・ジャクソンなど、アーティストに日本語(歌詞)を教える仕事を始めているという。

日本語の歌詞の微妙なニュアンスなどを教えているようです。

そして、綾部さんは彼らにミスタードーナッツ!と呼ばれていました笑

綾部さんってミスドとなんか関係ありましたっけ?^^;

きっと初めに心象を良くするためにドーナツでも持って行ったんでしょうね笑

食事

外食もするし自炊もする。

外食だけでは量が凄いからめっちゃ太りそう笑

自炊では和食でも食べてるんでしょうか。

作業

家を見せてと言われたら、作業してるものや書類が多いのでと言って見せない。

なんかだらしなさそうな感じだなあ。

多分家の中散らかってぐちゃぐちゃですねこれ^^;

バイク

アメリカでも日本で持っていたハーレーを購入し、街中を走り回っているという。

「この突き刺すような冷たい風が心地よい。ニューヨークで乗るバイクは別格。Happy&Great.」

ハーレーに乗ってるのはかっこいいんですが、発言が…w

幸せですごいって言われても笑

危ない事

危ない事はなかったですか?と聞かれ、綾部が答えようとすると突然男がWow!!と叫んで車で逃走。

「This is New York.」と綾部。

プチ奇跡が起きて、ニューヨークの怖さをちょっと垣間見たような。

綾部さんも全然動じてません、流石ニューヨーカー。

寂しさ

ふと東京で先輩や後輩、同期の芸人達と番組やプライベートで話をしていた時間が恋しくなることがある。

ニューヨーカーの孤独ですね。

そういう寂しさを乗り越えていくのもニューヨーカーとしての務めなのです。

面白さ

「面白くないですよ、アメリカ人。基本的に。」

なんでそんなこと言うんだよバカヤロー、みたいなノリばかりなので、綾部さんは大体無言で立っているだけらしいです。

日本の細かい繊細なボケとツッコミはアメリカ人には多分理解できないでしょうな^^;

私はアメリカ人みたいなシンプルなノリが好きですけど笑

短歌

ニューヨークに来た思いを短歌で、と聞かれ

「憧れの ニューヨーカーの 流行りなら かかってみたい たとえ風邪でも」

短歌自体はうまいこと作れてるけど、なんか腹立つw

短歌って結構作るの難しいと思うんですが、綾部さんってやっぱり割とセンスある方かも。

今後

今後はもう東京を拠点にするつもりはなく、ニューヨークを拠点としてやっていくつもり。

日本の仕事もするにはするけど、終わったらニューヨークに帰っちゃうそうです。

あの日本でピースとしてがむしゃらに頑張っていた綾部さんはもう見れないということですね…

寂しさが襲いかかってきます…

又吉

「(ピースとして)単身赴任してるようなものなので。」と又吉のことはまだ気にかかっている。

長年連れ添った相方ですから、やっぱり又吉さんのことは気になるようですね。

綾部さんにもコンビ愛があったんだな涙

1つだけ

「ニューヨークに来てオレがこの先1つだけ分かっていることは、来たことに対して後悔は絶対にない。バッドエンドはない。」

後悔はしてしまうから後悔なんですよね。

バッドエンドはないと言い切るその覚悟と志がかっこいい!

又吉へ

「芸人でもあり小説家としても進んでいくと思うので、東京とニューヨークで頑張りましょう。あと、お金の送金とかもネットで簡単に出来るんで、8万円くらいで結構なので。」

ボケなのか本気なのか分からないけどやはり経済的に苦しいのかな^^;

でも小説家とレッドカーペット俳優の新しい漫才コンビとして是非成功してもらいたいです。

まとめ

綾部さんはニューヨークの片隅でとんでもない貧乏生活を強いられていると勝手に想像してたんですが、案外大丈夫そうでしたね^^;

東京での約束された地位をも捨ててニューヨークに旅立ったすごい方ですから、きっとアメリカでも成功されると思います。

末永く応援しています!